打ってみまい!

いちおう、小麦粉、うどんのことなど・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランもそろそろ見納め

昨年の10月25日、お土産にもらったランもそろそろ見納めか

ずいぶん長持ちするな、と思いながら記念写真をとりました。惜しむらくは、一番きれいだった10月のときの画像がないことやね。

私はもっぱら眺める係で、手入れはしませんでした。

As of Dec. 14, 2007
orchid as of Dec. 14, 2007

As of Jan. 06, 2008
orchid as of Jan. 06, 2008

As of Jan. 25, 2008
orchid as of Jan. 25, 2008

スポンサーサイト

骨付き鳥・まえだ

昨日は、テニスくらぶの新年会。

場所は、「骨付き鳥・まえだ」。柄にもなく、①わか鳥②親鳥③わか鳥と3本も食べたので、今朝はずっと鳥の臭いがするし、それに胃ももたれる。旨かったので、ついつい食べ過ぎてしもうた(反省)。

3本も食べたのは初めてだし、多分これからもないだろう。鳥だけでなしに、おでん、まんば、たこ、全部うまかった。また、行こう!

↓借りてきた画像。 3本食べるとさすがに「おぇっ!」とくる。
まえだの骨付き鳥

最後のワイン

このまえの酒屋さんおすすめワイン3本の中の最後。

3本目だけに、期待していたが、これはちょっと空振りだった。最初と2本目は似たような傾向だったが、これはちょっと「ぴりっと」しすぎて、コクがないかんじ。

好みとしては
1本目(モンフェラート・ロッソ)>2本目(チェルビオーロ・ロッソ)>3本目(レ・ブレッセル)か?

1本目と2本目は、味覚的には大差なく(わたしにとってはね)、単に価格差だけが判断基準でした。

これにて今年のワインテイスティングは終了。来年は、もう少しまじめにうどんテイスティングをやりたいと思います。

レ・ブレッセル2004ガリアールド

モンフェラート・ロッソ

この前もらったエディツィオーネがうまかったので、酒屋さんに「同じ系統のお手頃価格のワイン、他になんかありませんか?」と聞いたら、教えてくれた3本のうちの1本。

これはかなり、ぴりっとしていて、なかなかりりしい。これも当然、飲みやすい、だってそこそこのお値段だからね。ワインってうまいけど、結構高くつくっていうのが、わかった。

話、変わって、お返しによく使われるようになったカタログギフト。これって何を頼んでも満足した例がない。で、食品だったら、食べてしまえばなくなるだろうと思って、ワインを頼んだことがある。すると、きれいなボトルに入ったワインがやってきた。でも、一口のんで、「こりゃ、あかん」とあきらめた。

モンフェラート・ロッソ

最近のんだワインとビール

この前もらったイタリアワイン。なかなか飲みやすくておいしい。というか、飲みやすくて、拍子抜けするくらい。もちろん、自己評価では、このワインかなりいい線いってる。

ところが、ボトルの方は、反対にものすごく重厚にできている。というのは、「まだまだ残ってるぜ!」、と思い飲んでいると、突然空っぽになって、どうしたもんかと思っていると、このスペシャルボトル、やけに重い。ビンだけで、普通のワインくらいある。

で、そのまま栓をしておいたら、うちのお母さん(娘の)は、まだ残っていると思いこみ、そのまましまいましたwww。ボトルもきれいなので、あと2,3日鑑賞しよう。

エディツィオーネ

うちのみかん畑

今年もみかんの収穫の季節がやってきました。

子供の頃は、日曜になると、有無を言わさず、みかん畑に連行されて農作業をさせられました。他の子供たちは、力一杯あそんでいるのに、何で自分だけこんな不幸な星のもとに生まれたんだろうと、みかん畑をうらんだものでした。

思うに、こんな卑屈な性格になったのも、これが一因ではないかとwww。

海縁なので、甘くて適度に酸味があって、味はほぼ完璧
みかん1


みかん畑より、瀬戸大橋を臨む
みかん3

やもさん来訪

12月3日の日だったか?

やもさんと、彼の友達の「ぐずら氏」がやってきました。かれらは大学のサークル仲間でしたが、いまもうどんを媒体にして関係しているようです。

うどんにかける情熱は、甲乙つけがたく、凡人にはなかなか理解しかねます。

「粉を練っていると、理由もなく笑いがこみ上げてくるんです・・・」なんてのを聞くと、ほんとに大丈夫だろうか、と、ついつい心配。

でも、こういう人たちによって、うどん文化は支えられているんですな。


うどん好き中年たち

さすらいのうどん職人again

さすらいのうどん職人こと竹原くんが、またやってきた。それもなんと手土産持参で(なんか口が腫れそうだ)。

四国を一周したので、そろそろ本州に渡るのだという。が、その前に故郷の京都でイベントがあるので、一旦帰り、それから中国地方にまわるという。

前回、来たのが10月16日だったから、一月以上も四国でうろうろしていたことになる。

この前は、①豪州産、②さぬき産、③ブレンドの3種類をもって帰ったが、②が一番がよかったという。なんとなく、いってることはわかる。

一般的な傾向として、お店をやってる人は、ほとんどが①ですが、オール手打ちの愛好家では②を支持する人も結構います。

うどん職人again

金豚年

今年は金豚年ということなので、街の骨董品屋で、豚を見つけてきた。といっても、最初は牛か馬にしか見えんかったけどね。これで何とかリッチになれんかと・・・w。

鼻とか、耳とか、しっぽがとれないかと心配したが、何とか無傷で帰ってきた。背中が蓋で、中が空洞になっているので、香炉にでも使われていたのか?

豚

イグ・ノーベル賞

ちょっと古いけど、今年のイグ・ノーベル賞。

日本人も、受賞しましたけど、おもわず笑ったのが次の研究。

「定冠詞 "the" についての研究に対して。および、物をアルファベット順に並べ替えようとする際に "the" が起こす混乱など様々な問題についての研究に対して」

最初から、theを省いて索引を作ればいいとも思いますけど、そうな単純じゃないんでしょうね、きっと。

 | HOME |  »

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

cateballa

cateballa

うどんは好きなので、毎日食べています。でも、なかなか並んでまで食べようとは思いません。だって、そこそこ美味しいうどん屋さんってたくさんあるもんね。
趣味は、スポーツ。チャリ、テニス、ゴルフなど。が、最近はパーツが老朽化してきたので、以前のように飛んだり跳ねたりできないのが残念だ。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。