打ってみまい!

いちおう、小麦粉、うどんのことなど・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肉なし肉うどんの食べ比べ

かねてから醤油やさんに「早く、肉うどんのスープつくってよっ」とお願いしておいたのが、とうとうできてきたので、試食会。

左:ネットで買ったIM社の肉なし肉うどんスープ ---> A
右:当社御用達の醤油屋さん謹製のβ版    ---> B

ご覧の通りAはちょっと色が濃い。
肉うどんスープ

うどんを入れるとこんなかんじ!
最初の一口:
Aはちょっとえぐいというか、安っぽいお肉の臭いが気になった(ラードを買いたたいているのか?)。
Bは、Aと比べているせいか、なかなか上品でよろしい。

少し食べ進んでくると:
Aはだんだん慣れてきたのか、えぐみがそれ程、気にならなくなってきた。
Bはちょっと押しが弱いかなと感じる。というのは、もう少し、油っぽくても良いような気がするし、またもうちっと甘くてもいいかなと。ひょっとしてお湯で延ばし過ぎたんだろうかww?
うどんスープとしては悪くはないが、肉うどんスープというとちょっとインパクトが弱い感じがする(仕入れる側なので発言が強気になるのは仕方ないわね)。

肉うどん食べ比べ
スポンサーサイト

昨日のひるごはん

昨日は、ひさしぶりに、がもううどんにお昼を食べにいった。

腹が減っていたので、(大+たまご)×3杯 + (小+あげ) を食べた。

このぐらいだと、ちっとは食った気になったww。

がもううどん4杯くった


追伸:
実は、東京からの客人がまだ、がもう食べたことないというので、行きました。

で、となりの女性4人組が、記念写真を撮っていたので、一緒にとらせてもらいました、ということです。

カレーうどん・・・その25

昨日は、火曜なので例によってカレーの日。

先日カレーうどんをあげた某社のセールスマンがやってきて、おいしかったと褒めてくれました。で、続けて曰く:

「でも、他に肉とか、タマネギとか、人参とか入れて、レトルトパックになっていれば、尚いいんですけどね!」。

なるほど、我々の欲求は、とどまるところを知らんということがよくわかりました。

カレーうどん・・・その25

肉うどん ・・・ その4(たぶん)

今日は、休みということで、時間のかかってもいい、太めの乾麺で「肉うどん風スープ」をためしてみた。

釜七だと5分だが、これは一番太い乾麺なので、釜どりでも15分はゆでた。しかし、おかげでもっちりとした食感がよくでて、うまかった。

我田引水、自画自慢(?)、自画自賛、判官贔屓(?)かもしれんが、そんじょそこらのうどん屋さんよりも、素直にうまいと感じます。なんというか、小麦の甘みが、肉うどんスープ(くどいが肉は入ってない)のラードとうまく絡んで、なんともいえずうまい。丼の中でテカテカ光っているラードに注目してね。

ところで、一般にゆでうどんよりも、乾燥うどんの方がなんとなく、小麦の甘みがよくでているのは、なんでだろう、とこの間からちょっと悩んでいる。乾燥させているので、ある程度の食感の硬さは仕方ないとしても、味については完全に好みの問題という気がするなぁ。

ちなみにトッピングは、大学時代の同級生のお父さんが昨年暮、送ってくれた糸魚川特産の蒲鉾。賞味期限は1月18日であったが、かなりうまかった。というか、蒲鉾のダシ(?)で一層うまくなったのかも知れんw。

肉うどんスープ with 蒲鉾 made in 新潟

カレーうどん・・・その24 vs 肉うどん風うどん

「カレーうどん」と現在開発中の「肉うどん風味うどん」の食べ比べ。

カレーうどんもいいけど、「肉うどん風味うどん」も侮れん。やっぱり、「味噌煮込み」より「肉うどん風味」や。肉が入ってなくても、こっちがええな。

商品化への悩みはネーミング。「肉うどん」とストレートにつけたら、すかさず「肉がはいってないのに、何事ざましょ!」と追及の手が上がるのは必至。

しかし、「肉うどん風味うどん」では、迫力でんしなぁ。

ところで、カレー → 肉うどん と交互に口にいれたら、ちょっときもかった

カレーうどん・・・その24 vs 肉うどん風うどん

カレーうどん・・・その24、・・・ ではなくて 肉うどんその①

火曜の夜は、カレーうどん・・・・、ではなくて肉うどんにした(じゃなくて、してもらった)。

肉うどん風ではなくて、正真正銘の肉うどんだ。

で、その実体は、例の肉うどん風スープに、本物の肉を入れたもの。家人が炒めた肉を入れてくれました。

家人:「どや、本物の肉が入ったら、うまいやろ!」

私  :「そやな、(少し躊躇して)、うまい」

はっきりいって、この状況で、「うまい」以外の言葉は見つからん、というか思っても言う勇気はない。

最初の画像では、なけなしの肉が隠れて見えんので、下の画像でとくとご覧あれ。といっても、大した量ではないわね。

しかし、改めて、味噌煮込みよりも「肉うどん風」の方がいいように感じました。

蛇足ながら、右に見えてるイチゴは娘にもらったもの。

肉うどん・・・その1


肉うどん・・・その2

肉うどん

新製品開発続行中!

あるところから、「肉うどんはどうかいの」との意見があったので、試すことに。

しかし、肉うどんって、肉が入るので高くなるわね。すると「うまい、早い、安い」のモットーに反するので、どうしようかと思案していると・・・。

ありました。予算にあいそうな肉うどんスープ、しかもこのスープ、肉がはいってない

しかし、目つぶって食べてると確かに、肉うどんの味がする。肉がはいってない、肉うどん。これかなり有望株。

肉うどん

カレーうどん・・・その23

12日の火曜も例によって、カレーうどん。

実は、製品化するときに「カレースープの辛さをどの位にするか?」というのが問題になりました。「ひりひり」しないと、カレーらしくないし、かといって強すぎると、子供が食べれなくなるし・・・。

で、結局は標準品より気持ち「ひりひり」するところで落ち着いた。すると、Eさんが「これって、やっぱり注意書きを入れておいた方がいいんじゃないですか」というので、老婆心ながら袋に「中辛」と入れた。

そしたら、「マイルドとか激辛はないんですか?」と聞かれた。世の中ってなかなか思うようにはいかんね。


カレーうどん・・・その23

カレー南蛮

以前、東京の人たちに散々、ほうけにされたカレー南蛮。

だって、そもそも讃岐では、そばにカレーをかけて食べる習慣がないからね。で、「そんなの気持ち悪くて想像できんわっ!」、と言ったところ、集中砲火を浴びた。

しかし、食べてみるとなかなか、これはこれでいける。これは釜だしの太めのそばに、カレースープをかけたところ。

讃岐弁講座
ほうけにする ・・・ ばかにする

カレー南蛮

赤味噌 vs 白味噌

暇なので新商品を思案中。次回は「味噌煮込みうどん」あたりはどうかと思い、赤味噌ベースでつくってもらったのが、写真右。左は、前回、「味噌ベースのスープお願いします」といったら、やってきた白味噌ベースのスープ。

どちらもそれなりに、まずまず旨い。赤味噌の方が、今風かとも思ったけど、半分を過ぎたあたりから、ちょっとしょっぱく感じた(だしをけちっているんだろうか?)。

それに対し、白味噌スープは最後まで、味がしっかりしていて、好感が持てる(前回のテイスティングよりも評価高し)。

だから新商品は、「味噌煮込みうどん」よりも、「打ち込みうどん」の方がいいかもね。ちなみに「○○風」というのは、○○もどきと同じ意味で、本物ではないときに使用します。

「手打ち風」と書いてるうどんは、機械でつくっています。日本語ってややこいね。

赤味噌vs白みそ

そばテイスティング

内容はほとんどなし。単なる備忘録。

太めの乾麺のそばを釜だしで食べた。思いの外、旨かった。以前は(ここだけの話だが、実はこの商品、もう何年も食べてない、恥!)もう少しピンピンして麺が硬かったような気がしたが、なかなかいい!きっと釜だしで食ったのがよかったのだろう。次回改版時には、レシピを変更しよう。


田舎そば

カレーうどん・・・その22

少し遅れたけど、火曜日は例によってカレーうどんの日。

パプリカは確か先週も入っていたね。左の小皿はイカで、これは思いの外、旨かった。

ところで、火曜の夜といえばテニス。総勢5名なるこのクラスも、とうとうHPを立ち上げました。といっても、私がするはずもなく、製作したのは奇特なCさん。

ただ、立ち上げて間もないこと、またタイトルがほぼ一般名詞化しているため、検索でひっかからないので、CさんはみんなにURLを印刷して渡してくれました。

しかし、一ヶ月経っても、見れないのが、きむ○さんとさえ○の二人。最初は、

「会社のパソコン、ブロックされろんやろか?」とか、

「"-(ダッシュ)"と"_(アンダースコア)"を間違うとんやろか?」とか、

色々やってみたんですが、ダメでした。

で、きむ○さんは、東京の娘さんに訪ねたところ、すんなり見れて、「あら、お父さん、こんなのやってんの」と白い目で見られたそうです。つまり、URLには何も問題なかったんです。で、二人が見れなかった原因は、↓

カレーうどん・・・その22


URLをアドレスバーではなくて、検索バーに放り込んでいたからです。その場は、暫く(というか、かなり)、盛り上がりましたが、よく考えてみると、世界のgoogleなんだから、このくらいの「ぶれ」は吸収してあげてくれよww。

なんとなく、とっても複雑な心境でぇ~す。

ここ数年、冬にチャリをこぐのが苦痛だ。というのは、指先、特につま先が冷えて冷えて、どうにもならん。

で、これまではドン引きだった、家人御用達の↓。冷やかし半分で使ってみたところ、申し分ない。

背に腹は代えられん。

寄る年波には勝てん。

今日で3個目。黙って借用しているので、そろそろ気づかれる頃かもしれんな・・・ww。

ドン引きだったけど使ってしまった

 | HOME | 

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

cateballa

cateballa

うどんは好きなので、毎日食べています。でも、なかなか並んでまで食べようとは思いません。だって、そこそこ美味しいうどん屋さんってたくさんあるもんね。
趣味は、スポーツ。チャリ、テニス、ゴルフなど。が、最近はパーツが老朽化してきたので、以前のように飛んだり跳ねたりできないのが残念だ。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。